« 至福の時間 | トップページ | 毛糸のおパンツ »

2011年1月 8日 (土)

欲ばりワードローブ制作過程

おかげさまで売れ行き好調の「欲ばりワードローブ」

楽天ブックス、Amazonともにレビューも読ませていただいてます。


もっとボリュームがあると嬉しかったという声もありますねぇ。
もっと読みたかったから、というのがその理由という
なんとも嬉しい悲鳴。


とある編集者さんには

「これをイチから作ったかと思うと頭が下がる」

と言っていただいたんですが


そう、きっと読者としてはさらりと読めちゃうかもしれませんが
描き手としてはさらりと描いたページはただの1Pもないのです。


みんなそうだと思うんですけどね。

例えばひとつのCMを作るのに要した時間や労力って相当なものじゃないですか。
でも視聴者にとっては15秒。

そこに込める思いの深さがあってこその、たかが15秒されど15秒。


私の本も124ページですが、
私はそれを「わずか」124ページとは言い切れない。

制作期間の4ヶ月間はとにかく苦しかったんです。


でもね、正直なところその苦しさをうっすら忘れつつあります。

皆さんの感想を読んでいると本当に描いて良かったと思うし、
そういう嬉しさが苦しさを上回ってしまったのかも。


苦しかったのを忘れてしまうから人は前進できると思うんですよね。

またチャレンジしようと思える というか 思ってしまう というか。


ビバ、忘却力。


そんなこんなで、制作中も何枚かはこのブログでもアップしましたが
あらためて途中経過をザザーッと。


まずは大ラフやラフ。

シャーペン派のイラストレーターさんも多いみたいですが
私は鉛筆派で濃さはB。

201008052348000


201008052349000


結局気に入らなくて、まるっと描き直したので
本書には入っていないラフ

201008052344000


消しゴムをかける前の原稿
(亜紀が消しゴムかけに来てくれた時に撮影camera

O0480085410843044647


ペン入れした原稿

201008302327000


ある程度ペン入れしたあとは、色塗りと残りのペン入れ作業も同時進行していきました。

201009010521000


201009121827000


201009211023000


201009011510000


いや〜〜、ほんと大変だったな〜〜(遠い目)

よくぞ完成したと思う。

ちなみにこのページのヌーピー、お気に入りです。清水大ジャンプ巻き添えの図。

201009121826000


あと・・・

1カ所だけブルミも登場してます。

が、なんと原画は白いブルドッグになってるんです。
痛恨の塗り忘れをしまして・・・wobbly

印刷所の現場の方に塗ってもらいました。
(その節はお世話に・・・。すごーくキレイな出来で感激でした)

そんなわけで、まぁさらりと読める本ではあると思うんですが
何度も読み返してもらえたら嬉しいな〜〜〜catface

|

« 至福の時間 | トップページ | 毛糸のおパンツ »

イラスト」カテゴリの記事